専門業者が実際に行っている工事内容について、写真や図面を交えながらわかりやすく解説します

コーキングの役割

 

コーキングは「建物の防水や止水をする」という役割を果たしています。

 

コーキングをすることを「コーキングを打つ」といい、主に室内の水回りや仕上げ面、外壁の目地などに使われています。コーキングが劣化すると、そこから水が入り、壁が腐ったり・カビが生えたりしてしまいます。このため、コーキングの点検や補修をすることはとても大切な作業です。

 

コーキング(Caulking)に似た言葉でシーリング(Sealing)という言葉があります。コーキングは「スキマを埋める」、シーリングは「封印・密封」という意味があります。コーキングとシーリングはどちらも、壁面などのつなぎ目やひび割れを埋めるための材料です。現在はほぼ同じ意味として使われています。

 

ちなみに、シーリングのことをシリコンと呼びます。以下に、コーキングの打ち方を記しました。

 

コーキング材の選び方

 

コーキング材は固まると、ゴムのような弾力性が出ます。コーキング材はメーカーにより様々な種類や色が出ています。例えば、アイボリーという色は、出している会社や商品によって、微妙に色が違うということがあります。

 

ここで、住宅に使われる主なコーキング材を紹介します。住宅に使われるものには、アクリル系・ウレタン系・シリコン系と呼ばれるコーキングがあります。それぞれの特徴を以下にまとめました。

 

 アクリル系シリコン:湿った所にも使用可能だが、耐久性がない
 ウレタン系シリコン:耐久性は出るが、汚れに弱い。塗装できる
 シリコン系シリコン:耐久性があり、紫外線に強く、汚れに強い。変成シリコンは塗装できる

 

その他の種類として多く使われるコーキングに、防カビ性のものがあります。防カビ性のものは水廻りや湿気の多い場所に使用します。防カビ剤が入っているものは、防カビ剤が入っていないものより高く売られています。

 

また、コーキングには一液性と二液性があります。一液性は「まぜないで使うことのできるタイプ」で、ホームセンターなどで多く見るタイプです。二液性は「2つの缶をまぜて使うタイプ」で、外壁の目地コーキングなど量の多い場所で使われます。手間や乾くまでの時間もかかりますが、二液性は長期間劣化しにくいというメリットがあります。

 

コーキングを実際に使用する場合は、たくさんの種類の中から選ぶことが必要になります。これらを使い分けるポイントとして、

 

「水廻りや湿気の多い場所であれば、防カビ材の入っているタイプを使う」
「コーキングの上に塗装をする場合は、塗装できるタイプを使う」

 

ことがあげられます。

 

その中でも「変成シリコン」はお勧めです。変成シリコンには耐久性があるため、屋外でも使われます。また、塗装ができ、防カビ材の含まれているものも多いことも理由です。

 

元々の色に合わせたい場合は、事前の色を調べることも必要です。しかし、コーキングは時間がたつと劣化して色が変化してしまうため、前に打ったものとぴったり同じ色を打つことはできません。

 

コーキングを打つ手順

 

コーキングを打つ手順と打つときのコツを具体的に説明します。作業をする場所が屋外の場合、雨の日や湿度が高い日には乾きが遅くなるため、作業をしないほうがいいです。

 

1、コーキングを打つ場所を決め、道具を準備する

コーキング

コーキングは「打つ場所を決めること」からはじまります。

 

打つ場所の太さや深さにより準備をする道具や材料が変わります。コーキングは「細い方が打つのが簡単で、太くなるほどが打つのが難しい」です。

 

必要な道具と役割

 

 カッター:コーキングの先端を切るときに使う
 コーキング:スキマに充填する材料
 コーキングガン:コーキングを打つための道具。電動式のタイプもある
 テープ:コーキングを切る位置を決めるためのもの
 ヘラ:コーキングをなでる
 バックアップ材:スキマが深い場合に使う
 プライマー:屋外のコーキングなどで使用する
 ベニヤ板や段ボールの切れ端:ヘラでなでたコーキングやテープの回収時に使う
 軍手:手を汚さないため
 ぞうきん:周囲が汚れたときに使う

 

コーキングがしてある場所に打ちたいときは、元々のコーキングをカッターで取り除きます。この作業はとても大切な作業です。中途半端にこの作業を行うと、「コーキングのかす」が残ってしまい、新しくコーキングを打った後にカスが残ってしまうからです。

 

2、マスキングテープを貼る

コーキング

道具を準備したら、テープを貼ります。テープは作業の途中で、はがれないようにしっかりと貼りましょう。

 

凹凸(おうとつ)のあるところに張る場合は、「テープの上から指で凹凸面をなぞるように貼り、はがれないようにする」ことがポイントです。

 

テープを貼る前に大切なことは、「コーキングを打つ太さを決める」ことです。決めた太さに合わせてテープを貼っていきます。このテープを貼った位置が、コーキングの仕上がりの位置になります。テープの位置を決めるために、へらを当てます(右写真)。

 

コーキングをするためのテープはたくさんあります。屋外などでは粘着性の高いものを使い、屋内の作業では粘着性の弱いものを使います。室内に使用する場合は、「ガラス用マスキングテープ」が張りやすくはがしやすいためお勧めです。テープの幅は18mmが多く使われていますが、慣れていない人は24mmくらいの太いものを使用するといいでしょう。

 

3、コーキングを打つ

コーキング

テープを貼ったら、コーキングを打ちます。コーキングは「厚みを出す」ことで耐久性が増します。

 

コーキングを用意し、カッターでコーキングの先端を切ります。

 

先端を切って開封をすることで、コーキングが出るようになります。先端を切る太さでコーキングの出る量が変わります。

 

コーキングを開封したら、本体をコーキングガンに取り付けます。コーキングガンとは、コーキングを打つための道具です。コーキングガンを使うコツは、「打ち終えた後に、コーキングが出つづけないようしっかりと止めること」です。

 

コーキングをコーキングガンに取り付けたら、コーキングを打ちます。コーキングを打つ距離が長い場合は、何回かに分けて打ちます。分けて打つことにより、コーキングが固まるのを防ぐことができます。

 

4、ヘラを使いコーキングをなでる

コーキング

コーキングを打ち終えたらすぐにヘラを使います。コーキングは時間がたつと固まってしまうので、コーキングを出したらすぐにヘラでなでましょう。

 

ヘラは何種類か用意すると応用がきくので便利です。ヘラのカタチでコーキングの仕上がりが変わります。

 

コーキングを上手に打つためのコツは「コーキングを切る」ことです。コーキングを切るとは、「貼ってあるテープと打ったコーキングとの間をつくる」ことです。コーキングを切るためのポイントは「コーキングを打つ太さ」と「テープを貼る位置」と「使うヘラのカタチ」のバランスをとることです。

 

5、テープをとる

コーキング

コーキングをなで終えたら、テープを取ります。テープを取る前に、コーキングが「切れているか」を確認しましょう。コーキングが切れていない場合は、コーキングを切ってからテープをとります。

 

テープを取る時は、テープについたコーキングを周りにつけないように注意します。テープをとるときは細長い段ボールなどに巻き付けながら取ると効率良くとることができます。写真では、薄いベニヤ板を使用しました。

 

6、完成

コーキング

テープをとったら完成です。

 

このときに大切なことが、「乾くまで触らないこと」です。
ここまでしっかりと作業をしていても、1つのミスで今までの作業が台無しになってしまいます。

 

自分が気をつけていても、誰かが触らないように「声をかけたり、張り紙をしたりしておく」ことが重要です。

 

壁などにコーキングがついてしまったところがあれば、きれいな雑巾を使い拭き取ります。コーキングを打った場所は触らないように注意しましょう。コーキングの上に塗装をしたい場合は、1週間以内に行います。コーキングを打ってから時間が経ってしてしまうと、塗料の付きが弱くなるからです。

 

使用したへらは雑巾などで拭いておくと、次の使用時に使いやすいです。使い切らなかったコーキングは時間がたつと中身が固まってしまいます。コーキングを空けたあと、長時間経過したシリコンは使えないことが多いです。


HOME サイト紹介 お問い合わせ