専門業者が実際に行っている工事内容について、写真や図面を交えながらわかりやすく解説します

デザイン性の高いプリント合板に見切りをつける方法

 

プリント合板とは、住宅の壁や天井に使われる仕上げ材の1つです。プリント合板は、ベニヤ板の片側にシート仕上げがされています。プリント合板に見切りをつけることで、仕上がりの品質を向上させることができます。

 

見切り(みきり)とは、建物の仕上げ材同士の間や床の段差などに使うものです。見切りには、用途によってさまざまな素材やカタチがあります。今回使用するのは、「プリント合板用の見切り」です。このプリント合板の厚みは2.5ミリです。これに合った見切りを使うことで、きれいな仕上げになります。

 

見切りには、2つの役割があります。1つ目は、プリント合板の「端部を守る」ことです。見切りをつけることで、プリント合板の端を保護して長持ちさせられます。2つ目の役割は、「外見を良くする」ことです。見切りをつけると板の端部が隠れるため、見た目が良くなります。

 

下にあるのは、見切り材の写真と図面です。

 

プリント合板

プリント合板

 

 ・今回使用する見切り材(左写真)
 ・見切り材とプリント合板の断面図(右図面)

 

左写真の赤丸部分は、用意した見切り材の角です。今回の見切りは、カタカナの「コ」の形をしています。この見切りのことを、「コの字型見切り」といいます。プリント合板の端部にコノ字見切りを差し込むことで、取り付けをすることができます(右図面)。

 

プリント合板に見切りをつける手順

 

ここからは、プリント合板に見切りをつける手順について解説します。

 

1、準備

使用する材料と道具を、以下にまとめました。

 

 ・プリント合板:仕上げたい大きさを用意
 ・見切り:プリント合板の厚みに合うものを用意
 ・テープ:見切りの取り付けに使用
 ・ハサミ:テープのカットに使用
 ・カッター:見切り材の切断に使用

 

2、見切りをプリント合板にはめる

はじめに、プリント合板に見切り材を差し込みます(下写真)。

 

プリント合板

 

 ・見切り材をはめる前の様子(左写真)
 ・見切り材をはめた後の様子(右写真)

 

見切りをプリント合板の奥まで入れることが、この作業のコツです。コノ字の内側をプリント合板の端部まで押し当てることで、見切りをしっかり固定できます。見切り材はプリント合板よりも長いものを用意しましょう。

 

3、プリント合板に見切りを取り付ける

プリント合板に見切りを差し込んだら、テープで取り付けます(下写真)。

 

プリント合板

 

 ・はさみでテープを切っている様子(左写真)
 ・テープを貼った様子(中写真)
 ・全体にテープを貼り終えた様子(右写真)

 

見切り材の取り付けはテープで行います。ハサミを使って切ることで、見切り材の端までテープを貼れます。テープを貼る前に肝心なのは、「プリント合板と見切りの端部を合わせる」ことです(中写真赤丸)。最初のテープは端部から貼りますが、このときにプリント合板と見切りの隅が合っていないと仕上りがズレます。

 

ここの仕上げには、最初のテープを貼るときの状態が大きなカギです。見切りの端がプリント合板の端と合っていることを確認し、コノ字の内側に板を当てながらテープを貼ることで、上手く仕上げられます。右写真は、見切り全体にテープを貼り終えた様子です。

 

4、見切りをカットする

プリント合板に見切りをつけたら、カットします(下写真)。

 

プリント合板

 

 ・見切り切断前の様子(左写真)
 ・見切り切断後の様子(右写真)

 

見切りの切断はカッターとL型の定規を使います。今回は、プリント合板に貼った後に見切りをカットします。その理由は、「見切りが塩ビのため、カッターで切ることができる」からです。塩ビとは、塩化ビニールの略です。樹脂を型に流し込み、それを加工して塩ビの見切りがつくられます。

 

見切りを切るときのポイントは、2つあります。1つ目のポイントは、「L型の定規で固定する」ことです。切る部分に当てた定規が動かなければ、切断ラインが曲がることはなくなります。

 

2つ目のポイントは、「見切りの裏と表を切る」ことです。今回使う見切りはコの字型になっているので、その裏と表に両側からカッターを入れるとカットしたラインがきれいになります。下の写真は、見切りにL型定規を当てている様子です。

 

プリント合板

 

5、完成

見切りをカットしたら作業は完了です。切断をした後の様子が下写真です。

 

プリント合板

 

見切りの切断をするとき、カッターを新しい刃にしておくと切り口がきれいになります。古いカッターの刃は切れ味が悪く、これを使っていると体に力が入るため、切断ラインが曲がることがあります。切断ラインが曲がると見切りに傷が入ったり、指を怪我したりするので注意が必要です。

 

プリント合板に取り付ける見切りは、テープでもしっかり固定できます。しかし、プリント合板や見切りにホコリがついていると、テープの粘着性が弱まります。テープを貼る前にホコリを取り除いておくと、しっかりとした取り付けができます。


HOME サイト紹介 お問い合わせ