専門業者が実際に行っている工事内容について、写真や図面を交えながらわかりやすく解説します

トイレタンクのフタを取り外す方法

 

ここでは、トイレタンクのフタをタンク本体から外す方法について説明します。トイレタンクのフタを外すことにより、タンク内側の部品交換や清掃を行うことができるようになります。

 

トイレタンクのフタには、「手洗い水栓付き」と「手洗い水栓なし」の2つの種類があります。トイレの水を流すと、手を洗うための水がタンクの上から流れ出てくるものがあります。そのようなタンクが「手洗い水栓付き」です。

 

手洗い水栓なしのフタはタンク本体に乗っているだけなので、持ち上げることで外すことができます。一方、手洗い付きのフタの場合は接続されている「給水ホース」を外さなければ、フタをタンクから取り除くことはできません。

 

給水ホースとは、「給水栓から送られてきた水を、手洗い用の水栓へ送るためのもの」です。給水ホースはタンクの中にあるため、タンクの外側からは見ることができません。

 

下図の赤丸部分は、給水ホースが接続されている部分です。

 

トイレタンク手洗

 

給水ホースは、トイレタンクのフタに付いている手洗い水栓へ接続されています。給水ホースにはナットがついていて、このナットを回すことで給水ホースを外すことができます。

 

ここからは、給水ホースの外し方について記載します。

 

1、準備

今回使用する道具を以下にまとめました。

 

道具と用途

 

 マイナスドライバー:止水栓を締めるときに使います
 手袋:手を汚さないために使用します

 

下の写真は手洗い水栓を取り外す前の写真です。

 

トイレタンク手洗

 

2、止水栓を締めて、水を止める

トイレタンク手洗

はじめに、止水栓を締めて水を止めます(右写真)。

 

止水栓には、「トイレタンクに水を送る」という役割があります。止水栓を締めるために、マイナスドライバーを使用します。

 

止水栓を締めることは、トイレ工事をするときの基本です。

 

タンクのフタを外す作業は、給水栓を締めなくてもできます。しかし、作業中にレバーを引いてしまうと、給水ホースから水が出てきてタンクの外へ水が流れ出てしまい、床や壁を水浸しにしてしまう可能性があります。

 

このような事故を前もって防ぐため、止水栓は必ず締めてから作業をしましょう。

 

3、給水ホースを外す

止水栓を止めたら、タンクのフタを持ち上げて給水ホースを外します。給水ホースは、手洗い水栓にナットで止められています。ナットは道具を使わずに、手回しで外すことができます。

 

下の写真は、給水ホースの取り外しの手順です。

 

トイレタンク手洗

 

 ・タンクを持ち上げます(左写真
 ・片手でタンクを持ち上げながら、もう一方の手で給水ホースのネジを回します(中写真)
 ・給水ホースが外れました(右写真)

 

4、取り外し完了

トイレタンク手洗

給水ホースを外したことにより、トイレタンクのフタをタンクの本体から外すことができました(右写真)。

 

タンクの部品交換や清掃などの作業を終えたら、給水ホースを接続して止水栓を開くことでタンクのフタを戻すことができます。

 

この作業ができると、「手洗い水栓から水が出ない!」といったときに、業者に頼まず自分で解決することもできるようになります。

 

手洗い水栓から水が出ないときは、給水ホースのナットが緩み、手洗い水栓ネジへの接続が外れている可能性があります。この場合、給水ホースのナットをネジへ繋ぎ直すことにより、手洗い水栓から水を出すことができます。

 


HOME サイト紹介 お問い合わせ