専門業者が実際に行っている工事内容について、写真や図面を交えながらわかりやすく解説します

排水トラップを清掃する重要性

 

使用した水を流すことを、排水(はいすい)といいます。住宅内で排水された水は排水トラップを通り、下水へと流れます。排水トラップとは「下水のにおいの逆流を止める仕組み」のことです。下水のにおいを止めるため、排水トラップには、水の力が利用されています。

 

下の図が、排水トラップの水の流れとニオイの流れを表すものです。

 

排水トラップ

 

排水トラップにモノが詰まると、水が漏れたり、水が流れなくなったり、においが出たりする原因になります。このため、使用頻度に合わせて「定期的な清掃」をすることが大切になります。

 

排水トラップの仕組みを知ることにより、清掃の重要性を理解しましょう。

 

排水口から出るニオイ

 

水が流れていく穴のことを、排水口(はいすいこう)といいます。生活をしているとき、排水口からにおいがするときがあります。このにおいは下水のにおいの可能性が高いです。下水にはたくさんの汚水が流れているため、強いにおいがします。

 

排水口からにおいがする場合、「排水トラップが機能していない」ことが考えられます。

 

排水トラップが機能しなくなっているとき、排水トラップに溜まっているはずの水がなくなっていることがあります。排水トラップから水がなくなる現象を破風(はふう)といいます。

 

破風とは、「排水トラップに溜まっている水が流れてしまい、水がなくなる」ことです。破風には、排水管内の圧力が関係しています。排水トラップの水がなくなることにより、下水のにおいがしてくるようになります。

 

排水トラップにごみが溜まっていると、破風が起こりやすくなります。また、汚れがたまると、排水トラップの配管の劣化を早める原因にもなります。

 

住宅に使われる、排水トラップのカタチ

 

住宅に使われている排水トラップには、いくつかの種類があります。排水トラップは用途により、それぞれ違ったカタチをしています。以下、排水トラップのカタチを図にまとめました。図の中の矢印は、水の流れを表しています。

 

排水トラップ

 

 

使用用途とトラップの種類
 洗面台:S型トラップ・P型トラップ
 台所やキッチンの流し:わん型トラップ・ドラム型トラップ
 屋外など:U型トラップ

 

S型トラップは上から来た水を床方向へ排水し、P型トラップは上から来た水を壁方向へ排水します。U型トラップは屋外などの平行に配管を行うときに使用されます。ちなみに、トイレの便器の本体にもトラップは備え付けられています。

 

いくつかの種類はありますが、排水トラップの仕組みはすべて同じで、「水を利用して、下水からのにおいの逆流を防ぐ」というものです。

 

排水トラップから水漏れする時は、接続部分が緩んでいたり、配管が割れていたりします。気温が0℃以下になると、排水トラップに溜まっている水が固まるため、排水トラップが凍結し、表面が割れることがあります。

 

排水トラップの割れを発見した場合は、早急な交換が必要になります。交換が必要な場合は、それぞれの場所に合う「専用の排水トラップ」を買いましょう。

 

排水トラップに溜まる汚れ

 

排水トラップは「下水からのにおいを防いでくれる」という、とても便利なものですが、デメリットもあります。それは、水のチカラを利用するため、排水トラップにごみが溜まりやすくなってしまうということです。

 

それぞれの場所ごとで排水トラップに溜まりやすい汚れを、以下にまとめました。

 

 トイレ:紙 
 風呂場:髪の毛
 洗濯機:糸くず
 洗面所:髪の毛や糸くず
 キッチン:生ゴミ

 

洗濯機は、糸くずゴミが出やすいので「洗濯機のごみ取りフィルター」は日々チェックを行います。水に溶けないゴミを流すことは、「配管が詰まる原因」になります。そのため、水に溶けないゴミは、排水口に流さないようにしましょう。

 

生ごみが溜まると、そこから、ヌメリや垢(あか)が発生しやすくなります。水あかやヌメりがあると、さらに大きなゴミが詰まりやすくなります。こうして、排水トラップ内ではゴミとゴミが重なり、汚れがさらに大きくなっていきます。

 

排水トラップの清掃方法

 

排水トラップに起こる問題の解決方法として、「排水トラップの清掃をする」ことが重要になります。早めに清掃を行うことで、問題が起こる前に配管のニオイや詰まりを防ぐことができます。

 

排水トラップの清掃方法には、2つあります。それは、「薬品を使う方法」と「直接、汚れをとる方法」です。

 

薬品には、モノを溶かしてしまうほど強力な薬剤が含まれています。薬品を使用して清掃をするときには、手袋・めがね・マスクなどを用意して、商品の裏面などに書かれてある「使用上の注意」を読みながら作業をしましょう。

 

直接、汚れをとるためには、排水トラップを排水管から外します。清掃には、手袋とマスク、バケツ、配管の中を清掃する細長いブラシを用意します。細長いブラシは配管の中を清掃するため、長さのあるものがいいです。排水トラップを取り外す場合、取り外した場所に水が流せなくなるため、清掃時に出る汚水は別の場所から排水します。

 

清掃方法として、最も効果の高い方法は、この2つの作業を合わせて行うものです。使用頻度によりますが、「排水トラップは半年から1年に1度は清掃をする」とよいでしょう。

 


HOME サイト紹介 お問い合わせ