専門業者が実際に行っている工事内容について、写真や図面を交えながらわかりやすく解説します

洗濯機のホースと蛇口をがっちり繋ぐ方法

 

洗濯機は蛇口と繋ぐことで水が出ます。この2つを繋ぐには専用のホースが必要ですが、きっちり繋がなければ水漏れが起きやすい場所でもあります。専用のホースを取り付けると、蛇口から洗濯機へ水をスムーズに流せます。

 

下写真が、接続作業をする場所を拡大した様子です。写真の赤丸内には、接続用のパーツが写っています。接続用のパーツは、ホースを購入したときの付属品です。パーツを付けることで毎日の洗濯が楽になりますが、デメリットもあります。それは、「接続部分から水漏れが起きやすい」ことです。

 

洗濯機ホース
 ・今回接続をするパーツ

 

蛇口にパーツを接続する方法は「ネジ止め」です。ネジで蛇口を固定すると、水圧が加わってもパーツが蛇口から抜けなくなります。しかし、ネジがしっかり止まっていなければ、水漏れが起きたりパーツが外れたりすることがあります。

 

蛇口にパーツを固定する方法を学ぶことで、水漏れが起きたときに対処できるようになります。

 

洗濯機のホースと蛇口をがっちり繋ぐ手順

 

ここからは、洗濯機のホースと蛇口をがっちり繋ぐ手順について解説します。

 

1、準備

今回使う道具と材料を、以下にまとめました。

 

 ・水道の蛇口:洗濯機用の蛇口
 ・洗濯機のホース:蛇口と洗濯機の接続に使用
 ・プラスドライバー(小型):ホースの取り付けに使用

 

ここで使うのは、小型のドライバーです(下写真)。理由は、取り付けをするネジはパーツの四方についているため、大きなドライバーだと壁側のネジが回せないからです。すべてのネジをバランスよく回すことで、水漏れしにくくなります。

 

洗濯機ホース
 ・用意した小型ドライバー

 

2、蛇口に接続用のパーツを取り付ける

はじめに、蛇口に接続用のパーツを取り付けます(下写真)。

 

洗濯機ホース

 

 ・パーツを取り付ける前(左写真)
 ・パーツを取り付けた後(右写真)

 

接続用のパーツはホースと蛇口を繋ぐもので、「流れてきた水の圧力を吸収して水漏れを防ぐ」という役割をしています。この部品を蛇口にしっかりとつけることが、作業を成功させるカギです。水漏れを防ぐポイントは全部で3つです。これらのポイントについて、章をまたぎながら説明していきます。

 

まず、最初のポイントは「接続用パーツのネジ山の幅を広くとる」ことです。下写真は取り付けをする前の様子で、赤丸部分が接続用パーツのねじ山です。パーツの上側に蛇口、下側に洗濯機のホースを繋ぎます。この段階でネジ山を広くとっておくことで、蛇口に深く差しこめるようになります。

 

洗濯機ホース
 ・パーツを取り付ける前のネジ山

 

3、パーツのネジを締め込む

蛇口にパーツをつけたら、ネジを締め込みます(下写真)。

 

洗濯機ホース
 ・パーツのネジを締める様子

 

ここで2つ目のポイントがあります。それは、「全方向からネジをバランスよく締める」ことです。今回使用する接続用のパーツには、ネジが4本ついています。このネジを蛇口に対してバランスよく締め込んでいくことで隙間のない設置ができます。

 

もし、「片側は深いが、もう片側は浅い」というネジ止めをした場合、接続用のパーツと蛇口の間から水が漏れてしまいます。使い始めは大丈夫でも使っていくうちに水が漏れるのは、このネジ止めの方法が関係しています。壁際のネジも回せるように、ドライバーは小型のものを使うと便利です。

 

4、パーツのネジ山を回す

ネジをドライバーで締めた後は、パーツ本体のネジ山を回します(下写真の赤丸部分)。

 

洗濯機ホース

 

 ・ネジ山を回す前(左写真)
 ・ネジ山を回した後(右写真)

 

ネジ山を回すときに、3つ目のポイントがあります。それは、「接用パーツの内部にあるパッキンで蛇口の先端の隙間をなくす」ことです。下写真の赤丸をつけた黒色のものが内部のパッキンです。パーツのネジ山を締めこんだ圧力で、蛇口先端の隙間を密閉して水漏れを防ぎます。

 

洗濯機ホース
 ・接続用のパーツの内部

 

5、接続用のパーツにホースを繋ぐ

ネジ山を回し終えたら、接続用のパーツにホースを繋ぎます(下写真)。

 

洗濯機ホース

 

 ・ホースの先を引く前の様子(左写真)
 ・ホースの先を引いた後の様子(中写真)
 ・ホースを繋ぐ様子(右写真)

 

接続用のパーツに洗濯機のホースを繋ぐと、水が流せるようになります。接続は、「ホースの先を指で引いた状態で、接続用のパーツに差し込む」とできます。上にある中写真が、「ホースの先を引いた状態」を表しています。ここをしっかりと引くことで、ホースの先をパーツの奥まで入れられます。

 

ここから水漏れが起こるときは、パーツにヒビが入っていることがあります。その場合は、ホームセンターなどで交換用の部品に替えることが必要です。

 

6、ホースを繋いだら、完了

ホースを繋いだら、作業は完了です(下写真)。

 

洗濯機ホース

洗濯機ホース

 

 ・蛇口とホースを繋いだ様子(左写真)
 ・水漏れ確認をする様子(右写真)

 

作業を終えたら、「漏水確認(ろうすいかくにん)」を行います。漏水確認とは、「蛇口を開いて水を流し、接続部分からの水漏れがないかを確認する」ことです。ここで解説したポイントを押さえながら作業をすることで、誰でも洗濯機と蛇口を水漏れなく繋ぐことができます。

 


HOME サイト紹介 お問い合わせ