専門業者が実際に行っている工事内容について、写真や図面を交えながらわかりやすく解説します

トイレタンクの浮き交換について

 

「トイレタンク浮き交換」を行うための手順をここで解説します。トイレタンクの浮きは、「ボールタップ」と呼ばれ、トイレタンクの内部に設置されていています。ボールタップとは、「浮き玉が水面を上下することにより発生する浮力を利用して、自動的に開閉する水栓」のことです。

 

ボールタップの構造

 

ボールタップには「タンク内の水量を調整する」という役割があります。ボールタップには弁がついていて、この弁の開いている時に水を通し、閉まっている時には水を止めます。

 

タンク内に水が溜まっていない状態では、ボールタップの浮きは下がっています。弁に圧力がかかっていないため、弁が開くことで水は出ていきます。また、タンク内に水が溜まっている状態では、ボールタップの浮きが上がります。弁に圧力がかかっているため、弁が閉まることで水は止まります。

 

この動作により、「タンク内の水量を減った時は増やし、一定水量に達した時には、止まる」ように自動調整しています。タンクのレバーを引くと、水を流すごとにタンクの内部では毎回この動作が行われています。これが、ボールタップの仕組みです。

 

ボールタップ交換のタイミング

 

ボールタップの交換時期はいつかというと、「使用開始後、約10年以上経過したとき」になる場合が多いです。この時期は使用頻度によって交換時期が大きく異なります。2〜3年に1回点検をすることにより、問題を早めに発見することも可能です。

 

また、定期的な点検を行うことにより、節水のための水量確認を同時に行うことができます。

 

劣化部位については、ボールタップの浮き本体が壊れることはほぼありません。ただ、「タンクの水を流し、再びタンクに水が溜まる」というプロセスを繰り返すと、浮きを支える軸に負荷がかかります。これによって、負荷のかかる場所が折れたり、ねじが緩んだりするという不具合が起きます。

 

不具合が起きると浮きが正常に動作しなくなるため、水がタンクに溜まらなかったり、水が流れ続けたりしてしまうため、正常に流すことができなくなります。

 

0、作業手順と作業ポイントの確認

 

作業の前に、おおまかな作業の手順とポイントについて解説します。はじめに、作業手順についてです。作業手順は以下のようになります。

 

  1. 部材・道具の準備
  2. 旧ボールタップの取り外し
  3. 新ボールタップの取り付け
  4. 水漏れ確認
  5. 完了

 

作業のポイントは、以下のようになります。

 

旧タンクに合う浮き選び
給水管の開閉
タンク内の水量の調整(節水対策)

 

作業の最後に水を流し、水漏れがないか試験を行います。

 

今回の作業の中でも大きなポイントは、「水漏れしないこと」です。不十分な作業で水漏れし、あたりが水浸しになってしまうと悲惨な状態を招いてしまいます。そうならないためにも順を追って説明していきます。

 

それでは、実際にはじめてみましょう。

 

1、材料の準備

 

トイレタンク手洗

最初に、部材を準備します。今回は、「万能ロータンクボールタップ」 という材料を使用します。

 

多くの和式洋式トイレに対応し、水位調節が最大10cmまで可能です。

 

節水にも効果的であり、安く手に入れられることも魅力的な商品です。

 

この時、給水管サイズと同じパッキンも用意します。今回は 「13A サイズ」のパッキンを使用します。

 

2、必要な道具を準備します

 

以下に、今回使用する道具をまとめました。

 

 モンキーレンチ:給水管の開閉に使用します
 プラスドライバー:タンク水量の調整に使用します
 マイナスドライバー:止水栓の開閉などに使用します
 プライヤー:タンク裏側の給水接続時に使用します
 バケツ:水漏れ用で用意します
 雑巾:念のため用意しておきます

 

3、作業開始

 

トイレタンク手洗

本体を箱から取り出し、本体に付いているねじ・ボルトを外します。

 

本体に付いてあるねじとボルトは、ねじ山を保護するために付いているものです。特に必要のないものなので、使用前にねじとボルトを外します。

 

 

4、止水栓を閉め、給水管を外します

 

トイレタンク手洗

水が濡れたときに水浸しになってしまうことを防ぐため、先に水漏れ用のバケツを用意します。

 

次に、マイナスドライバーを使用して止水栓を閉めます。止水栓の溝の幅に合うサイズのマイナスドライバーを使用してください。

 

止水栓を止めたら、タンク内の水を流しましょう。タンク内に水が溜まったままだと、この先の作業ができないからです。

 

5、旧タンクのボールタップを取り外します

 

トイレタンク手洗

旧タンクに設置されているボールタップの取り外しには、モンキーレンチを使用します。

 

浮きはタンクを挟むように固定されているので、外側のナットをまわします。

 

ナットを回し始めると、タンク内のボールタップも一緒に回転してしまうので、タンク内のボールタップも抑えながら回すと簡単に外すことができます。

 

ここで、旧ボールタップを取り外すことができました。

 

6、新ボールタップを取り付けます

 

トイレタンク手洗

新しいボールタップを取り付けます。はじめは手を使って軽く締め、ある程度の平行をとりながら設置位置を整えます。

 

次にレンチを使いしっかりと締めます。締めこんでいくと、中のボールタップがナットと一緒に回ってしまうので、片手でボールタップを抑え、平行に保ちながら締めていきます。1人でやるのが難しい場合は、別の人に補助をしてもらうとよいでしょう。

 

ここでしっかり締めないと、水漏れの原因となります。ボールタップを平行に保ちながら、水漏れしないようにしっかりと締めることがポイントです。

 

しっかりと締めることができたら、ここまではOKです。

 

ここまでの流れを、図を使いながらおさらいしましょう。下図にタンクの断面図があります。

 

 1, タンク本体のねじ山に内側のパッキンを取り付け

    ↓

 2, タンク本体の穴に通過させる

    ↓

 3, 外側のパッキン取り付け

    ↓

 4, ナット締め

 

の順で作業します。

 

ここで使用するパッキンは「万能ロータンクボールタップV530-5X-13」の付属品のパッキンです。

 

トイレタンク手洗

7、給水管を接続します

 

トイレタンク手洗

次に、給水管を接続しましょう。このときの注意点は「接続時にパッキンを入れる」ことです。

 

パッキンを入れないと、隙間が給水管の接続部に隙間ができるため、水漏れの原因となります。パッキンの入れ忘れのないよう注意してください。

 

ここでの作業のポイントは、

 

  • パッキンを入れ忘れないこと
  • 給水管の接続を平行し、平行に締めること

 

の2点です。このパッキンは自分で用意しましょう。

 

8、タンク手洗いの給水管を接続します

 

タンクの蓋に手洗いの給水管を接続します。せっかくの機会なので、タンク蓋の正面と裏側をたわしなどで洗いましょう。設置時の仕上がりを、よりきれいにすることができます。

 

ここでの接続方法ですが、はじめは軽く手で締め、次にプライヤーを使って締めます。

 

トイレタンク手洗

9、作業完了

 

トイレタンク手洗

止水栓を開きます。

 

止水栓を開く前には、注意点があります。止水栓を開くと水が出てくるので、出てきた水は必ずタンク内に戻せるような状態にしてから、止水栓を開けるようにしなければいけません。

 

この場合、タンク手洗いから水が出てくるので、タンクの外側に水をこぼさないように注意しながら止水栓を開きます。

 

止水栓を開き、タンク内に水が溜まったら、浮きの位置を調整しましょう。この作業を行うため、プラスのドライバーを用意します。
水が溜まったらタンクの中央部にあるねじを回しましょう。ねじを回すと浮きの高さが調整できます。

 

この浮きの高さでタンク内の水量が決まります。ここが節水のためのポイントとなります。

 

ただし、節水をしすぎると水を流した時の水量が弱くなってしまいます。水流が弱いとトイレ使用後にモノが残ってしまうため、ちょうどいい水量になるようにバランスをとりましょう。

 

水量のバランスは便座、メーカーの型番などにより異なってきますので、あくまでも使用している型番にあうちょうどよい水量を設定することをおすすめします。

 

水位を調整し終えたら、タンクふたを設置します。最後にもう一度水を流し、水漏れがないか確認をしましょう。

 

水漏れがなければすべての作業は完了です。


HOME サイト紹介 お問い合わせ